読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Studio Code のDiffをちょっといじってみる

またまたVisual Studio Code (以後、VSCode) についてです。 Sublime TextではFileのDiffは FileDiffs を使ってたのですが、VSCodeでは何使おうかなと思っていていいのが見つかりました。

github.com

VSCodeではデフォルトでDiffが入ってた!

別に拡張機能を入れなくてもデフォルトで入ってました。 cmd + shift + pでコンソールを出して、compareとタイプすると比較するファイルを開く枠が出てくるので、そこで比較したいファイルを選んでやるだけでOKです。

でも、めんどくさくね?

とはいえ、Diffとるたびに cmd + shift + p押して、compareって入れて、ファイル選択して・・・ってはっきり言ってめんどくださいです。

ショートカットで一発でできたほうがいいに決まっています。 でもデフォルトでは用意されてないっぽい・・・

ないなら作ってしまいましょう。

幸いにもkeybinding.jsonで設定できるようなので、設定してみましょう。

左上の「Code」から、「基本設定 > キーボードショートカット」をクリック。すると、既定のキーボードショートカットとユーザー設定のjsonファイルが2つ開きます。

既定のキーボードショートカットから compare で検索すると、 コメントアウトされたworkbench.files.action.compareFileWithという項目が見つかります。 どうやらこいつでキーボードショートカットを設定してやればよさそうです。

後は、なるべくかぶらなそうな組み合わせでキーボードショートカットを設定してやればいいです。

私は cmd + shift + control + d(Diffのd) で作りました。

[
  {
    "key": "ctrl+shift+cmd+d",
    "command": "workbench.files.action.compareFileWith"
  }
]

試してみよう

適当なファイルを開いて、おもむろにcmd + shift + control + dを押してみると・・・、 一発で比較したいファイルの選択画面を開くことが出来ました。

デフォルト: cmd + shift + pcompare > ファイル選択 今回の変更: cmd + shift + control + d > ファイル選択

という感じで1手減らすことが出来ました。

たかが一手、されど一手です。

今回のことで他にも色々遊べそうだということがわかったので、これからもショートカット作ったり遊んでいきたいと思います!